ファミザニアに出展しました。

2017年8月4日 ホテル阪急エキスポパークで行われた、児童養護施設や小規模なファミリーホームと呼ばれる施設で生活する子どもたちへの
職業体験イベントに参加しました。

当日は沢山の子どもたちが参加してくれました。
阪神フードでは、あめちゃん(関西ではそう呼びます。)の定量計量して袋詰をしてもらいました。それで出来たのはお土産に。
何回も並ぶ子供、同じ種類の飴を選ぶ子供、上手に袋に飴を入れる子供 いろいろな子どもたちが居るんだなぁと楽しかったです。

ファミザニア全体

ついつい毎日お仕事の愚痴を言ってませんか?
子どもたちが将来、どんな仕事に就いてどんな大人になりたいか。 
そのお手本になれるような、キラキラしている大人でありたいですね。 

ファミザニア 集合写真

ファミザニア パティシエ

美容師さんが、子どもたちのヘアメイク・メイクアップ・ドレスアップをして、それをプロのカメラマンが撮影する。素晴らしい。
素敵なお仕事が世の中には沢山あるんだなと参加して思いました。
またこの様な機会があれば参加したいです。

食品業界に興味ある人待ってます!

補足
リンク 厚生労働省から、社会的養護の現状という資料がありました。
それによると、全国に対象の児童は約4万人以上。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/syakaiteki_yougo/dl/yougo_genjou_01.pdf  ←リンクしてません。コピペしてね。
自分たちの暮らす地域が幸せであるように、そのための道具として会社が存在します。 大したことは出来ないけれど目の前の
出来ることを一生懸命やる。 そんな会社でありたいです。